投資マンションを理想の金額で売却する方法

婦人

賃貸物件に関するトレンド

男の人

双方にメリット

最近の賃貸物件は、入居者に賃貸保証会社への加入を必須としている物件が増えています。入居者に家賃滞納があったとしても保証され、その上、取り立てもせずに済みますから、賃貸経営者側には多大なるメリットがあり、それゆえに、このような現状になっていると言えます。ただ、賃貸保証会社は入居者にとってもメリットがある存在なのです。本来ならば賃貸保証というのは連帯保証人がすべきことなのですが、連帯保証人を立てられないという人が近年、増えています。そんな人たちにとって賃貸保証会社は、連帯保証人の代わりとなる存在ですから、メリットがあるというわけです。このように、双方にメリットがある賃貸保証会社ですから、その存在価値は非常に高まっています。

選定には慎重を期す

賃貸保証会社は賃貸経営者側が選定し、入居希望者に紹介することが一般的です。そうすることで、トラブルを回避することができます。トラブルとは何かというと、倒産です。加入者に家賃滞納者が多く、倒産してしまう賃貸保証会社というのは案外多いのです。倒産されてしまっては、賃貸保証の約束は反故になってしまいます。また、現在のところ、賃貸保証会社に関する法的整備が行われておらず、監督する官庁もありませんから、悪質な取り立てをする賃貸保証会社も中には存在しています。悪質な取り立てが行われていては、入居者が退出してしまうことが考えられますし、さらには、物件の評判が落ちてしまうことも考えられます。以上のようなトラブルを回避するためにも、賃貸保証会社の選定は慎重を期して行わなければならないのです。